緑でサラナの原材料を徹底調査

大きな注目を集める緑でサラナ

日本で唯一の特定保健用食品として注目を集めている緑でサラナは、SMCSを多く含んでいます。キャベツやブロッコリーに多く含まれている天然アミノ酸の一種であるSMCSは、コレステロールを下げる働きがあることで知られています。

そのため、コレステロールを下げたいと考えている人に人気があるのです。食生活が乱れてコレステロールが増えると、血液中にコレステロールがたまってしまいます。緑でサラナを飲むと、コレステロールを胆汁酸に変える酵素をSMCSが活性化します。そして、肝臓で処理されるコレステロールの量が増え、体の外へと排出されてコレステロールが下がるのです。

 

緑でサラナの原材料とは

緑でサラナには、8種類の野菜と2種類の果物が使われています。原材料を徹底調査すると、特に注目されるのが、SMCSが含まれているブロッコリーとキャベツです。健康に良いほうれん草や小松菜、レタス、セロリなどの青野菜は、ビタミンやミネラルが豊富です。

また、りんごやレモンなどの果物も、昔から健康と美容に良いと言われており、積極的に食生活に取り入れられていました。青野菜と果物を凝縮した飲み物を摂取することで、野菜不足を補うことができます。仕事で忙しい人は、朝飲むことで、エネルギーをチャージすることができます。

緑でサラナの効果はここでチェック